ハイブリッド社債

読み方: はいぶりっどしゃさい
分類: 債券通称

ハイブリッド社債は、正式には「劣後特約付社債」と呼ばれ、ハイブリッド証券の一種(劣後債)をいいます。これは、株式(資本)と債券(負債)の特性を併せ持ち、普通社債よりも元本および利息の支払順位の低い社債であり、また償還期間が長く、債務不履行のリスクが大きい分、利回りは相対的に高く設定されています。(募集形式には、公募と私募の二つがあり)

一般にハイブリッド社債は、会計上は借金(負債)ですが、利息の任意繰延、超長期の償還期限、清算手続および倒産手続における劣後性など、資本に類似した性質や特徴を持つことから、格付会社が一定の条件のもと資金調達額の一部を資本と見なして格付けをするので、資本増強策として利用されることもあります。

<日本初の公募形式のハイブリッド社債>

三菱商事は2015年6月に、総額2,000億円のハイブリッド社債(期間60年)を国内の事業法人で初めて公募形式で発行した。また、格付会社は発行額の50%について、実質的な資本と認定したことにより、資本効率を低下させることなく、財務基盤を強化することができた。

この発行を契機に、日本において、超低金利政策が続くなか、超低金利の環境を活かしたハイブリッド社債の発行が拡大することになった。