世界銀行債(世銀債)

読み方: せかいぎんこうさい
分類: 債券通称

世界銀行債は、「世銀債」とも呼ばれ、国際復興開発銀行(世界銀行)が発行する債券をいいます。これは、世界の債券市場において、発展途上国の教育発展や医療向上、災害対策、環境配慮、貧困削減などを支援するための資金調達を目的に発行されており、投資家にとっては、本債券を購入することにより、間接的に発展途上国への支援を行っていると言えます(世銀債に投資する世界銀行債券ファンドもあり)。また、国際復興開発銀行とは、「IBRD」とも呼ばれ、1945年に設立された世界銀行グループのうち最も歴史が長く、単一機関としては世界最大の開発資金の国際融資機関をいいます。

一般に世界銀行債は、米ドル建てやユーロ建て、オーストラリアドル建て、ニュージーランドドル建て、南アフリカランド建てなど様々な通貨建てで発行されますが、発行通貨や発行時期によって利率が大きく異なります。また、格付けについては、1959年以来、最高水準のAAA(トリプルA)を維持しており、信用リスクが低いのが特徴となっています。なお、利率については、格付けが高いことから、同通貨建ての民間外国債券に比べて低くなりますが、為替リスクについては同等なのでご注意ください。