社会貢献債/ソーシャルボンド

読み方: しゃかいこうけんさい
英語名: Social impact bond
分類: 債券通称

社会貢献債は、「ソーシャルボンド」や「ソーシャルインパクト債」とも呼ばれ、開発途上国支援や地球温暖化対策など、世界的な社会問題の解決にあてる目的で資金を調達する債券をいいます。これは、世界銀行や国際金融ファシリティなどの国際金融機関、国際協力機構などの政府系機関が発行する場合が多く、通常、発行機関が対象国の政府や金融機関、企業などに投融資して社会問題の解決に役立てます。

一般に社会貢献債への投資は、慈善活動と利益獲得の両立を狙うインパクト投資の一種と考えられており、また投融資先が債務不履行に陥ったとしても、発行機関の信用力が非常に高いため、債券がデフォルトになる可能性は非常に低いです。これまでに、温暖化対策を目的とする「グリーンボンド」、予防接種普及を目的とする「ワクチン債」、途上国の教育支援を目的とする「教育ボンド」、貧困層向けの無担保小口融資を目的とする「マイクロファイナンス債」、水道整備を目的とする「ウォーター・サポート・ボンド」、農業支援を目的とする「アグリ・ボンド」、インフラ開発を目的とする「インフラ債」などが発行されています。