仕訳

読み方: しわけ
英語: Journalizing
分類: 簿記

仕訳は、簿記上の取引を「借方(左)」と「貸方(右)」に分けて、仕訳帳に記入することをいいます。これは、複式簿記において、日々の取引を一定の規則(ルール)に従って記録・整理することを指し、昨今では、会計ソフトを活用するのが一般的です。

ここでは、簿記の基本である「仕訳」について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

簿記上の取引について

簿記上の取引とは、会計記録を必要とする活動事象のことをいいます。具体的には、資産負債純資産収益費用の5要素のいずれかから構成され、本取引では、常に5要素の内の2つが関わり、片方が増えて、片方が減るという仕組みになっています。

<仕訳の例>

業務上必要な書籍を購入し、図書費(費用)として、現金(資産)で1000円を支払った。

(借方)図書費 1000 |(貸方)現金 1000

仕訳の作業について

当日、簿記上の取引があった場合、仕訳帳において、日付、借方勘定科目、貸方勘定科目、およびそれらの金額を記入します。

(1)取引が発生する
(2)取引を2つの側面から捉える
(3)勘定科目に分ける
(4)ルールに従って、仕訳帳に記入する

仕訳帳の例

また、仕訳をした後は、勘定を集約した帳簿である「総勘定元帳」に転記します(会計ソフトでは、自動で転記される)。

以上から、簿記では、日々の作業として、「取引→仕訳→転記」といった一連の流れを着実にこなすことが基本となります。

仕訳のルールについて

複式簿記の取引は、以下のようなルールに基づいて、必ず借方(左)と貸方(右)に分けて記載されます。

・資産:増えたら借方、減ったら貸方
・負債:増えたら貸方、減ったら借方
・純資産:増えたら貸方、減ったら借方
・収益:増えたら貸方、減ったら借方
・費用:増えたら借方、減ったら貸方