解散価値

読み方: かいさんかち
分類: 財務・会計|貸借対照表

解散価値は、企業の資産総額から負債総額を差し引いた株主資本(純資産)のことをいいます。これは、企業が何らかの理由で事業活動をやめて解散する場合、金融機関等の負債を全て返済して残った財産を株主(会社の所有者)の間で分ける際に、どれぐらい株主に資金が返ってくるかを示すものとなっています。

一般に解散価値は、貸借対照表に計上している資産から負債を控除すれば計算できますが、現実には必ずしも実体を表わしたものにはなっていません。というのは、帳簿上の資産や負債は時価に比べて過少または過大に表示されていることが多く、実際にどの程度なのかは厳密に再評価してみなければ分からないからです。また、業績不振による倒産の場合は、負債が資産を上回って解散価値がマイナスとなることがほとんどで、株主には資金が一切戻ってきません。

なお、解散価値(純資産)は、株式投資においては、株価一株当たり純資産の何倍の水準まで買われているかを示す「株価純資産倍率(PBR)」で、PBRが1倍より低い場合に割安度の一つの目安となります。