DER

読み方: でぃーいーあーる
英語名: Debt Equity Ratio、D/E Ratio
分類: 財務・会計|財務分析

DER(Debt Equity Ratio)は、「DEレシオ」や「負債資本倍率」とも呼ばれ、企業財務の健全性(安全性)を見る指標の一つで、企業の資金源泉のうち、負債(Debt)が株主資本(Equity)の何倍に当たるかを示す数値(倍率)をいいます。これは、返済義務のある有利子負債等が、どれだけ返済義務のない株主資本でカバーされているかを示し、通常、1倍を下回ると財務が安定しているとされます。また、本数値を低下させるには、負債の削減か、または利益拡大による内部留保の積み増しが必要となります。

一般にDERは、「負債(Debt)は株主資本(Equity)でまかなうことが望ましい」という考え方に基づき、主に長期の支払い能力を表す時に使われ、特に大企業の社債の格付けにおいて重視されます。また、有利子負債の多い企業にとって、この指標の改善は財務上の一つの課題となります。

<DERの算出式>

◎一般の式:有利子負債÷株主資本

有利子負債は、短期借入金長期借入金普通社債転換社債など。

◎広義の式:負債(他人資本)÷株主資本(自己資本

この場合は、「負債比率」と同義になる。

◎狭義の式:(有利子負債-現預金)÷株主資本

より厳密に見るために、現預金を差し引いた正味のネット有利子負債を分子にしたもので、「ネットD/Eレシオ」とも言う。