有利子負債比率

読み方: ゆうりしふさいひりつ
分類: 財務分析

有利子負債比率は、自己資本に占める利払いや返済が必要な有利子負債の比率をいいます。これは、銀行等からの借入金や発行した社債などの金利(利息)を支払わなければならない負債が、自己資本に対してどの程度の割合(%)を占めるかを表すもので、財務の健全性や安全性を示す指標の一つとなっています。通常、本比率が高いほど、財務面で借入金等の負債に依存していることを意味します。

一般に有利子負債比率が低い企業ほど、財務の安全性が高いと言えるのに対して、有利子負債比率が高い企業は、金利上昇局面で利払い負担が増えて利益の圧迫要因となるため、財務の健全性は低いと言えます。なお、本指標と似たようなものに「有利子負債依存度」がありますが、これは総資産に占める有利子負債の比率をいい、財務の健全性や安全性を示す指標の一つとなっています。

 有利子負債比率=(有利子負債残高÷自己資本)×100

◎有利子負債については、流動負債に属する返済までの期限が1年以内の短期借入金やコマーシャルペーパー(CP)、固定負債に属する1年超の長期借入金や普通社債などを合算して求める。

◎自己資本については、貸借対照表において認識はいくつかあるが、通常、自己資本=株主資本と捉えることが多い。