雑費

読み方: ざっぴ
分類: 財務・会計|損益計算書

雑費は、企業会計(経理)の販売費及び一般管理費のうち、独立した科目を設けるほど重要でない出費を処理するための勘定科目をいいます。これは、販売費及び一般管理費の中で、他のどの科目にも当てはまらないものや、その発生頻度が稀で独立の科目とするほど金額的にも重要でないもの(臨時的な費用で取引金額が少額なもの)などを処理するために用いられます。具体的には、クリーニング代や信用調査費、現像代、花代、正月用飾り代、不用品処分代などが挙げられ、これらは雑費として、損益計算書上において「販売費及び一般管理費」に計上されます。(似たような勘定科目に「雑損失」があるが、これは「営業外費用」に属するもの)

なお、雑費については、決算書(財務諸表)において、唯一使途が明確でない営業費用(経費)であるため、この金額が多いことは経理上望ましくなく、税務署にも不審の目を向けられやすいので注意が必要です。これより、原則として、既存の科目で処理できるものは処理し、また発生頻度の高いものや年間支出額が多いものについては新しい科目を設けた方がよいです。