雑収入

読み方: ざつしゅうにゅう
分類: 財務・会計|損益計算書

雑収入は、企業会計(経理)の営業外収益のうち、科目や金額ともに重要性の乏しいものを処理するための勘定科目をいいます。これは、営業外収益の中で、他のいずれの科目にも当てはまらないものや、独立の科目とするほど金額的にも重要でないもの(取引金額が少額なもの)などを処理するために用いられます。具体的には、保険会社の契約者配当金や保険金、法人税・都道府県民税等の税金の還付金や還付加算金、不用品の売却代金、自動販売機の設置手数料、消費税差益、現金差額(過大)、家賃収入、賃貸収入、地代収入、代理店手数料、特約店手数料、報償金などが挙げられ、これらは雑収入として、損益計算書上において「営業外収益の部」に計上されます。

なお、雑収入の内容や基準は、会社によってそれぞれ異なるため、その処理にあたっては、期毎に異ならないように予め統一しておくことが必要です。