少数株主(非支配株主)

読み方: しょうすうかぶぬし
英語: Minority shareholders
分類: 株主

少数株主は、「非支配株主」とも呼ばれ、ある子会社自己資本の中で、親会社の持ち分以外の部分を所有している株主をいいます。

企業の連結子会社において、親会社以外で議決権を有する株主のことを指し、また連結会計上、当該株主に帰属すべき持ち分を「少数株主持分(非支配株主持分)」、当該株主に帰属すべき利益を「少数株主利益(非支配株主利益)」と呼びます。

一般に少数株主(非支配株主)は、当該会社の親会社と比べると立場は弱いですが、一方で会社の経営権として、株主総会招集請求権や株主総会招集権、株主提案権、会計帳簿閲覧権、取締役等の解任請求権などは認められています。

※かつては「少数株主持分」と呼ばれていたが、2015年4月1日以後開始する連結会計年度から、「非支配株主持分」という名称に変わった。