繰延税金負債

読み方: くりのべぜいきんふさい
分類: 勘定科目(B/S)

繰延税金負債(繰り延べ税金負債)は、将来支払う税負担に相当する額(未払いの税金相当額)のことをいいます。これは、企業会計上の項目と税務上の項目の差額を調整する「税効果会計」で使用する勘定科目の一つで、貸借対照表(B/S)の負債の部に計上されます。また、その額については、将来加算一時差異(差異が生じた時に課税所得の計算上減算され、将来、当該差異が解消する時に課税所得の計算上加算されるもの)に税率を乗じることで計算されます。

一般に繰延税金負債は、将来の税金が高くなる要因となるもの(実質的には法人税の未払分)であり、具体例としては、それ程多くなく、固定資産の圧縮記帳の圧縮積立金や持ち合い株式等の評価益などに限られます。通常、繰延税金負債が増加した場合、法人税等調整額の計上により、同額だけ当期純利益の額も減少する一方で、計上された繰延税金負債は、対応する各将来の時点(決算期)で、残高を減少させる手続きを取ります(繰延税金負債の減少により、同額だけ当期純利益の額が増加する)。