当期純損失

読み方: とうきじゅんそんしつ
英語名: Net loss
分類: 財務・会計|損益計算書

当期純損失は、損益計算書(P/L)において、「税引前当期純利益(純損失)」から「法人税、住民税、事業税」と税効果会計により生じる「法人税等調整額」を差し引いた後の金額がマイナスとなったものをいいます。これは、法人税などの社会的コストを支払った上での純粋な企業の経営活動の成果が「赤字(損失)」となったことを示します。

一般に当期純損失は、企業の一事業年度(一定期間)の最終成果(経営成績)としての損失であり、通常、経営状態において大きな問題があると言えるので、具体的な要因をよく調べると共に、今後の対応には十分に注意する必要があります。

当期純損失の意味

当期純損失は、一事業年度(一定期間)に発生した、企業の社会的コストを支払った上での最終的な損失であり、また貸借対照表(B/S)においては、純資産が当期純損失の額だけ減少することになります。

当期純損益の計算方法

日本の企業会計では、損益をいくつか計算しますが、その最後に計算する項目が当期純損益であり、これを計算するには「損益法」と「財産法」の二つの方法があります。

●損益法

当期(会計期間)の全ての収益から全ての費用を差し引いた金額を期間損益として把握する計算方法。

●財産法

当期(会計期間)の期首時点の貸借対照表と期末時点の貸借対照表の純資産額を比較し、その把握された純資産額の増減額を期間損益として把握する計算方法。