カブドットコム証券(kabu.com)

カブドットコム証券(kabu.com)は、2019年12月1日より、「auカブコム証券」となっています。同社は、2007年6月から三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)のネット専業証券(連結子会社)でしたが、2019年6月にKDDIの完全子会社であるLDF(現・auフィナンシャルホールディングス)が株式公開買付けを行い、MUFGに次ぐ主要株主となり、2019年8月に上場廃止し、2019年12月に社名変更しました。

設立以来、カブドットコム証券は「顧客投資成績重視の経営」を理念に掲げ、顧客が儲かることこそが同社の成長・拡大につながると確信し、そのための経営態勢の構築やサービスの拡充などに努めてきており、その理念は社名変更後の今も引き継がれています。

<顧客投資成績重視の経営>

個人投資家へ「リスク管理追求型」というコンセプトのもと、利便性と安定性を徹底的に追求した独自サービスを提供すると共に、啓蒙を図り「新しい投資スタイル」を提供する。

カブドットコム証券の沿革(社名変更前)

カブドットコム証券は、設立以来、多くの顧客の支持を得て、大手ネット証券へと成長し、2019年12月に「auカブコム証券」として生まれ変わりました。

・1999年:母体となるイー・ウィング証券と日本オンライン証券が設立
・2001年:両社が合併、カブドットコム証券に商号変更
・2003年:株価指数オプション取引を開始
・2004年:一般信用取引、プチ株の取扱いを開始
・2005年:東証1部に上場、自動売買に関する特許権を取得
・2006年:Meネット証券と合併
・2007年:外国為替保証金取引、銀行代理業サービスを開始
・2008年:スーパー証券口座の展開開始、Tdexの取扱開始
・2009年:自動最良執行注文を提供開始、本社移転
・2010年:外貨建MMFの取扱開始、kabuステーションの提供開始
・2011年:くりっく365、株365、外国債券の取扱開始
・2012年:kabu.com API、シストレFXの提供開始
・2013年:外貨入出金サービスの提供開始
・2014年:NISA口座の取扱開始
・2015年:親会社及び主要株主が三菱UFJ証券HDに異動
・2017年:世界最大のオンライン教育プラットフォーム「Udemy」と共働開始
・2019年:8月に上場廃止、12月に「auカブコム証券」に社名変更

カブドットコム証券の取扱商品(社名変更前)

カブドットコム証券は、当時、顧客の多様なニーズに応えて、充実した金融商品を提供していました。

株式 現物株式、信用取引、IPO/PO、ETF・ETN・REIT、フリーETF、プチ株、TOB
投資信託 投資信託、投信積立、外貨建MMF
債券 外国債券
FX シストレFX、店頭FX、くりっく365
先物・OP 先物・オプション取引(各種)
CFD 取引所CFD(株365)

カブドットコム証券の提供サービス(社名変更前)

カブドットコム証券は、当時、顧客の視点から考えた、多様なサービスを提供していました。

サービス スーパー証券口座
NISA
貸株サービス
リスク管理追求型サービス
資産管理サービス
銀行サービス 他
情報ツール kabuステーション
カブボード/同フラッシュ
先物・OPボード/同フラッシュ
ウルトラチャート、店頭FXチャート
kabuカルテ、kabuスコープ、株スコア
カブナビ、店頭FXナビ
残高照会フラッシュ、シミュレーター 他
投資情報
マーケット情報
銘型検索
カブコール
レポート
ランキング
IR情報
kabu.studio(カブスタジオ)他

カブドットコム証券の会社概要(社名変更前)

カブドットコム証券は、2019年12月1日に「auカブコム証券」に社名変更しました。

商号 カブドットコム証券株式会社
〔kabu.com Securities Co., Ltd.〕
本社所在地 東京都千代田区大手町1-3-2 経団連会館6F
上場/非上場 東証一部上場(8703)、2019年8月29日に上場廃止
特色 三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券
IT技術を生かした金融サービス
リスク管理追求型サービスの提供
システム及びコールセンターをインハウスで運用・管理

金融ブランド事典

カテゴリー