クレジットカードの種類(系列別)は?

現在、クレジットカードには、様々な種類があります。日本国内だけでも、数百種類あるでしょう。その分類の仕方も、自社カードであるか提携カードか、単一目的か多目的型か、サービスの内容別などいろいろですが、統計上は発行機関(会社)別で分けています。つまり、「銀行系」「信販系」「流通系」「メーカー系」などといった分類です。ここでは、それぞれの系列別に、どんなカードがあるのかについて見てみましょう。

銀行系クレジットカード

銀行系クレジットカードは、銀行または銀行の子会社等が発行するクレジットカードです。日本の銀行系クレジットカードの大手5社は、ジェーシービー(JCB)、三井住友カード(三井住友VISA)、ユーシーカード(UC)、三菱UFJニコス(DC、UFJ、NICOS)、シティカードジャパン(ダイナースクラブカード、シティカード)です。

信販系クレジットカード

信販系クレジットカードは、信販会社が発行するクレジットカードです。日本では、銀行系カードが原則として1回払い(マンスリークリア)であるのに対し、信販系クレジットカードは分割返済が認められているのが特徴です(1992年夏以降、日本の銀行系カードにもリボルビングシステムの導入が、2001年からは分割払いも認められました)。現在、信販会社には、オリエントコーポレーション(オリコ)、セディナ、ジャックス、ライフ、アプラスなどがあります。

流通系クレジットカード

流通系クレジットカードは、百貨店、スーパー、専門店など、流通業者が顧客の組織化、固定化を図る手段として、主に自社グループ内で利用されることを目的として発行するクレジットカードのことです。

メーカー系クレジットカード

メーカー系クレジットカードは、メーカー系割賦販売会社やメーカー系金融会社が発行しているクレジットカードです。一般にメーカー系割賦販売会社(メーカー割賦)とは、家電、乗用車などの大手メーカーが、系列小売店に対して、クレジット販売の取扱いを行うために設立・運営している販売信用会社をいいます。

中小小売商団体系クレジットカード

中小小売商団体系クレジットカードは、中小商店が組織している、クレジット事業を行うための組合組織(中小小売団体)が発行しているクレジットカードです。具体的には、日専連カード、日商連(NC)カードなどのことです。

石油系クレジットカード

石油系クレジットカードは、石油会社が発行している、ガソリンスタンド用のクレジットカードです。これは、クレジットカードの元祖だと言われています。

その他のクレジットカード

その他のクレジットカードには、ホテル、旅行業者、航空会社などの自社カードがあります。一般に、自社カードとは、自社で与信し、発行する自社ブランドのクレジットカードのことをいいます。これに対し、小売店などが、クレジットカード会社や信販会社などと提携して発行する、自社ブランドのクレジットカードが提携カードです。現在、提携カードには、提携の仕組みや内容によって様々な種類があります。

なお、多くのカードはVISA、マスターカードと提携して海外でも利用できるようになっていますが、VISAインターナショナルやマスターカード・インターナショナル (ともに本部はアメリカ)は、クレジットカードの統括組織であって、カードの発行会社ではありません。