クレジットカードとカードローンの違い

銀行やカード会社などで、クレジット関連の商品として、クレジットカードの他に、カードローンという商品も提供しているのをご存知でしょうか? どちらも「カード」という名称がつきますが、クレジットカードがショッピング機能とキャッシング機能が付いているのに対して、カードローンはキャッシング専門となっています。

ここでは、日常生活の中で様々な用途に使える、クレジットカードとカードローンについて、その特徴や違いなどを簡単にまとめてみました。

クレジットカードについて

クレジットカード(Credit card)は、カード会社カード会員に発行する、信用販売に用いられるカードをいいます。これは、カードの加盟店において、予め設定された利用限度額内であれば、現金なしで支払いができるもので、また利用代金はカード会員の預金口座で後日決済されます。

なお、多くのカードには、上記の「ショッピング機能」の他に、提携金融機関のATM・CDから少額の資金が借りられる「キャッシング機能」も付帯されています。

<主な特徴>

・申込時に審査があり、審査に通るとカードが付与される
・カードには、ショッピング機能とキャッシング機能が付いている
ショッピング枠の範囲内で、現金なしで支払いができる(後払いで、様々な支払方法がある)
キャッシング枠の範囲内で、少額の資金が借りられる
・保険やポイントなど各種付帯サービスが付いている
・一般カードからステータスカードまで様々な種類がある

カードローンについて

カードローン(Card Loan)は、銀行や信金、信組、労金、JAバンク、消費者金融会社、カード会社などが取扱う、カードにより借入が行える資金使途が自由なローンをいいます。これは、申込時に利用限度額が設定され、その範囲内であれば、いつでもATMやCDなどから自由に借入が行えます(通常、ほとんどの商品は無担保)。

なお、取引条件については、取扱会社によって、それぞれ異なっており、その内容は、銀行系や消費者金融系、クレジットカード系などにより結構違いがありますが、同業界の会社については、それ程大きな違いはありません。

<主な特徴>

・申込時に審査があり、審査に通るとカードが付与される
・カードには、キャッシング機能が付いている(年会費無料)
利用限度額はクレジットカードのキャッシング枠より大きく、また資金使途が自由である
・利用限度額の範囲内で、ATMやCDから借入ができるほか、預金口座への振込による借入もできる
・返済方法がいくつか用意されている(随時返済も可能)

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードとカードローンは、どちらも同じ大きさのプラスチックカードで、見た目もよく似ていますが、金融商品としては全くの別物であり、以下のような違いがあります。

●審査面

クレジットカードもカードローンも、どちらも申込時に厳格な審査があるが、カードローンの方が与信枠が大きいことから、審査はより厳しくなっている。

●機能・サービス面

クレジットカードは、一枚でショッピング機能とキャッシング機能がついているほか、付帯サービスも充実しているのに対して、カードローンは、キャッシング(借入)機能のみとなっている。

●キャッシング面

クレジットカードのキャッシング機能とカードローンを比べた場合、以下の点で、カードローンの方が優れている。

・カードローンの利用限度額は、最大1000万円など大きなものが用意されており、利用限度額にゆとりがあるので、幅広い使い道に活用できる(限度額は年収等により異なり、審査に通る必要がある)
・カードローンは、クレジットカードのキャッシングに比べて、金利が低い(利用時の利息負担を軽減できる)
・カードローンは、借入方法や返済方法が多様であり、またイザという時の資金枠として使える(年会費は無料)