空売り

読み方: からうり
分類: 信用取引

空売りは、広義には、投資対象である現物を所有せずに対象物を(将来的に)売る取引全般をいい、具体的には、株式や債券、商品先物(コモディティ)などで用いられています。これは、株式においては、信用取引の「信用売り」のことをいい、証券会社に一定の保証金を預け、株を持たず、あるいは持っていてもそれを使用せずに、他から株を借りて市場で売ることを指します。

ここでは、株式の有効な投資手法である「空売り」について、簡単にまとめてみました。

目次:コンテンツ構成

空売りの活用

空売りは、近い将来に予想される株価の下落に備えて、現在の株価で売って、将来の値下がりした時点で買って、他から借りていた株を返済しようという意図で行われ、通常、元手(保証金)の約3倍程度の金額まで、売り建てをすることが可能となっています。

一般に空売りの種類としては、株価の下落を狙った投機的な空売りや、株価の下落による所有株の損失を防ぐつなぎ売りなどがあり、投機(リスクテイク)とリスクヘッジの両方で活用することができます。

空売りの利益と損失

空売りは、相場の下落局面や急騰局面で利用され、売った値段よりも値下がりした時点で安く買い戻すことによって、その差額を利益として得ることができます。その一方で、必ずしも予想通りに値下がりしないこともよくあり、空売りした水準よりも株価が上昇してしまい、逆に高い水準で買い戻すことになった場合、損失を被ることになります。

なお、空売りの損失については、最悪の場合、株価が想定外に上昇して、非常に巨額になることもあり、また空売りの増加によって、株不足が発生して、逆日歩を取られることもあります。

空売りの注意(失敗例)

例えば、何らかの材料で低位株が結構値上がりして、空売りを入れたところ、さらに売買が過熱して値上がりして空売り停止となった場合などは大きな損失を被ることがあります。また、信用売り残が大きく積み上がると、踏み上げを狙って、買い方による締め上げが行われることがあります。

このようなケースでは、空売り停止後も値上がりが続いて、空売りした人が大きな損失(評価損)に耐えられなくなって買い戻して、さらに値上がりするといったこともよくあります。そして、売買の過熱後にまた下落することも多いですが、そこまで耐えらる人はあまりいません。

空売りの指標と規制

株式市場で空売りされた株数は「信用売り残(高)」という形で、どの時期にどのくらいの空売りが行われたかを大よそ知ることができます。これについては、東京証券取引所の「銘柄別信用取引週末残高」で週に一度、また日本証券金融(日証金)の「融資・貸株残高一覧表」で日々公表されています。(日証金のデータには、証券会社が直接投資家に行う融資や貸株は含まれておらず)

空売り比率

空売り(信用売り)されたまま、買い戻されていない株数の比率のことをいい、通常、空売りされている株数(売り残)を、その株の30日あるいは90日間の平均出来高で割って算出することが多いです。

・空売り比率(%)=(売残株数/出来高)×100

空売り規制

空売りを行う場合に適用される規制や制限のことで、金融商品取引法および金融商品取引法施行令により、空売りによって株価を意図的に下落させて利益を得ようとする行為や、株価の下落を加速させるような行為を未然に防ぐために設けられています。