現金自動預け払い機

読み方: げんきんじどうあづけばらいき
英語: Automated Teller Machine
分類: 機械・機器

現金自動預け払い機は、「ATM」とも呼ばれ、金融機関消費者金融会社が現金の入出金などのサービスを顧客(利用者)に提供する機械をいいます。これは、現金の引出しと残高照会のみを扱う「CD(現金自動支払い機)」とは区別されています。

一般に現金自動預け払い機の形態や機能は、提供する金融機関等によって異なりますが、銀行などの場合、端末に紙幣(及び硬貨)や通帳、カードなどの受入口や支払口を備えており、簡単な操作で現金の入出金、残高照会振り替え振り込み通帳記帳、ローンの返済、暗証番号の変更などができるようになっています。

◎現金自動預け払い機では、利用者は自分自身でカードを差し込んだ後、暗証番号を入力し、設置されている専用端末(パネル)を操作して各種サービスを受けるという仕組みになっている。

◎現金自動預け払い機は、銀行や信金、信組、労金、JAバンクなどの金融機関の本支店や店舗外(専門コーナー)、コンビニ、郵便局などに設置されており、日常生活を送る上で一つの社会インフラとなっている(利用時間帯はそれぞれ異なる)。

◎現金自動預け払い機を製造するメーカーには、富士通フロンテック、沖電気工業、日本ATM、日立チャネルソリューションズなどがある。