ツーバイシックス工法(2×6工法)

読み方: つーばいしっくすこうほう
分類: 不動産|建築工法

ツーバイシックス工法(2×6工法)は、木造建築物の工法の一つで、2インチ×6インチ断面の角材を使ったパネルで、躯体を構成する工法のことをいいます。これは、ツーバイフォー工法と同じ枠組壁工法の一種で、角材による枠と構造用合板を組み合わせたパネルを面として、・天井の六面体を構成して建物が建てられます。

一般にツーバイフォー工法が、2インチ×4インチの角材を使用した枠と構造用合板を組み合わせたパネルによって構成されるのに対して、ツーバイシックス工法は、2インチ×6インチの角材が使用されており、通常、太い角材を使用するため、ツーバイフォー工法よりも強度が高くなり、また壁もその分だけ厚くなるため、断熱性にも優れていると言われます。

※インチ(inch):ヤード・ポンド法の長さの単位で、1インチ=2.54cm