RC工法

読み方: あーるしーこうほう
分類: 不動産|建築工法

RC工法は、建築工法の一つで、鉄筋とコンクリートのメリットを一体化させた工法(鉄筋コンクリート造のこと)をいいます(RCは、"Reinforced Concrete"の略)。これは、コンクリートを鉄筋で補強した構造材を用いた構造となっており、引っ張る力に強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを一体化させて強い構造としており、また鉄筋は酸化して錆びますが、コンクリートのアルカリ性によって防ぐことができます。

一般にRC工法は、耐久性や耐震性、耐火性に優れ、プランニング(設計)の自由度が高いのがメリットと言えますが、一方で構造自体が重くなるため、基礎工事に手間と時間がかかり、工期も長く、コストも割高となり、また吸湿性の問題などがデメリットと言えます。