日本取引所自主規制法人

読み方: にほんとりひきじょじしゅきせいほうじん
英語名: Japan Exchange Regulation (JPX-R)
分類: マーケット|規制機関

日本取引所自主規制法人(JPX-R)は、日本取引所グループ子会社で、金融商品取引法に基づく、取引所市場における自主規制業務を専門に行う日本唯一の法人をいいます。これは、2007年10月に東京証券取引所自主規制法人として設立され、同年11月から東京証券取引所から自主規制業務を受託し、自主規制業務を開始しました。その後、2013年1月に日本取引所グループが発足し、2013年7月に東京証券取引所と大阪証券取引所(現・大阪取引所)の現物市場の統合に合わせ、自主規制機能を当法人に集約し、2014年4月に本名称に変更されました。

現在、JPX-Rは、「取引所の品質管理センター」と言った役割を担い、日本の資本市場の公正と信頼を守っており、その運営にあたっては、市場運営会社である取引所とは別法人の形態を取ることにより、市場に近い位置に身を置き、また高い専門性を発揮すると同時に、中立性・実効性を確保しやすい組織体制を構築しています。