年金マネー

読み方: ねんきんまねー
分類: マーケット|資金

年金マネーは、公的年金の巨大な資金(運用を行う積立金)のことをいいます。これは、国民が拠出した年金保険料が元手となっており、日本においては、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)、国家公務員共済組合連合会、地方公務員共済組合連合会、日本私立学校振興・共済事業団などの積立金が該当します。

2014年10月に、世界最大の公的年金を運用するGPIFが運用の基本ポートフォリオ(資産構成割合)を見直し、国内債券の比率を半減する一方で、国内株と海外資産の比率を大幅に増やしたことから、マーケットに大きな影響を及ぼしました(日本株上昇の際の大きな買い手となった)。なお、資産構成割合において、リスク資産の割合を大幅に増やしたことから、株安などの相場のトレンド転換で、積立金に巨額の評価損を生じさせるリスクもあります。