ニューヨーク商品取引所

読み方: にゅーよーくしょうひんとりひきじょ
分類: マーケット|海外取引所

ニューヨーク商品取引所は、アメリカ合衆国(米国)の「NYBOT(New York Board of Trade)」および「NYMEXCOMEX」の日本語訳として使われる用語をいいます。今日では、NYBOTがデリバティブ取引所として「ICE Futures U.S.」という呼称が定着したことから、「NYMEXとCOMEX」を指して使われることが多いです。

NYBOTの意味の場合

NYBOT(New York Board of Trade)は、コーヒー・ココア・綿・砂糖・オレンジジュースなどの農産品、外国為替株価指数が上場された商品先物取引所(先物・オプションの取引市場)で、1998年にニューヨーク綿花取引所(NYCE:1870年創設)とコーヒー砂糖ココア取引所(CSCE:1882年創設)を統合して開設されました。その後、2007年にインターコンチネンタル取引所(ICE)に買収され、最先端の電子取引所となり、「ICEフューチャーズU.S.」に名称変更されました。

※日本語の市況ニュースなどでは、ICE Futures U.S.の括弧書きに「旧ニューヨーク商品取引所」と表記することもあり。

NYMEXとCOMEXの意味の場合

現在、CME GroupのNYMEX、およびNYMEXの一部門の「COMEX」の両方を「ニューヨーク商品取引所」と呼称されることがあります。昔は、NYMEX(New York Mercantile Exchange)とCOMEX(Commodity Exchange)は別々の会社で、1994年に合併しました。

※日本語の市況ニュースなどでは、NYMEXとCOMEXの日本語訳を区別するため、NYMEXを「ニューヨーク・マーカンタイル取引所(ニューヨーク商業取引所)」、COMEXを「ニューヨーク商品取引所」と表記することもあり。