WTI

読み方: だぶりゅーてぃーあい
英語名: West Texas Intermediate
分類: マーケット|原油

WTIは、"West Texas Intermediate(ウエスト・テキサス・インターミディエート)"の略で、アメリカ合衆国のテキサス州西部とニューメキシコ州南東部で産出する低硫黄の軽質原油のことをいいます。これは、硫黄分が少ないため、ガソリン灯油などを多く取り出せる高品質なのが特徴となっています。

現在、WTIの原油先物は、CMEグループニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で"Light Sweet Crude Oi"として取引され(1982年に登場)、取引単位は1000バレル、取引時間はニューヨーク時間の10:00~14:30ですが、電子取引(24時間取引)が導入されているため、実際には時間外取引も活発に行なわれています。また、現物の引渡しを受けることも可能で、取引参加者はNYMEXへ通知することにより、手持ちの先物を現物に交換することが可能になっています(受渡場所は、オクラホマ州のクッシング(Cushing)にある売り手側の施設)。

一般に世界の原油取引は、消費地ごとに、北米、欧州、アジアという三大市場が形成されており、それぞれの地域の需給を反映した独自の価格形成がなされています。その中で、WTI原油は北米の原油価格の指標(マーカー原油)になっていると共に、取引高が大きく流動性が高いことや、市場参加者が実需や投機を含めて多岐にわたっていることなどから、「国際的な原油価格の指標」として世界中で常に注目されています。

<原油の単位であるバレルとは>

バレル(barrel)は、英語の「たる」を意味する。かつて、石油をシェリー酒の空たるに入れて運んだことから、原油や石油製品の国際単位となった。1バレルは約159リットル。

WTIの位置付け

WTIの1日当たり原油産出量は数十万バレルに過ぎませんが、WTIの原油先物における1日当たり取引高は1億バレルを超え、その取引量と市場参加者が世界の原油市場の中で圧倒的に多いです。そのため、市場の流動性や透明性が非常に高く、単に世界的な原油価格の指標にとどまらず、世界経済の動きを占う重要な経済指標にもなっています。

WTIの原油先物市場

WTIの原油先物は、大手石油会社・精製会社・卸売会社だけでなく、投資ファンドなど石油業界と関係ない投資家も幅広く取引に参加しています。そのため、参加者が多様で売買が成立しやすい点で人気を集め、世界で圧倒的な取引規模の原油先物市場となっています。