北海ブレント/ブレント原油

読み方: ほっかいぶれんと
英語名: Brent Crude
分類: 原油

北海ブレント(ブレント原油)は、「ロンドン原油」とも呼ばれ、英領の北海油田で生産される軽質低硫黄の原油のことをいいます。これは、原油価格の指標(マーカー原油)においては、主に北海のブレント油田、フォーティーズ油田、オゼバーグ油田、およびエコーフィスク油田(総称して「BFOE」)で採取される原油と定義されています(定義は時代と共に変遷)。

現在、世界の原油取引は、消費地ごとに、北米、欧州、アジアという三大市場が形成されており、それぞれの地域の需給を反映した独自の価格形成がなされています。その中で、北海ブレントは、欧州のマーカー原油になっていると共に、取引高が大きく流動性が高いことや、市場参加者が実需や投機を含めて多岐にわたっていることなどから、世界の原油価格形成にも大きな影響を及ぼしています。

北海油田について

北海油田とは、北海にある150余りの海底油田・ガス田の総称で、その主な消費地はヨーロッパ(欧州)となっています(大半の油田とガス田は英国とノルウェーの経済水域の境界線付近に存在する)。また、そこで採取される原油は、WTIに似た、硫黄分の少ない軽質油で、軽油やガソリンへの精製が容易であり、また海上輸送が比較的容易なため人気があります。

なお、北海油田では、多くの石油会社が採掘を行なっていますが、一方で気象条件が悪いため、生産コストは高めになっています。

●ブレント油田(Brent oilfield)

英国(スコットランド)のアバディーンの北北東約495kmの英領北海に位置する、同国で最大の油田。

●フォーティーズ油田(Forties oilfield)

英国(スコットランド)のアバディーンの東方約180kmの英領北海に位置する、同国の代表的な油田。

●オゼバーグ油田(Oseberg oilfield)

ノルウェーのベルゲンの北西約140kmのノルウェー領北海に位置する、同国の代表的な油田。

●エコーフィスク油田(Ekofisk oilfield)

ノルウェーのスタヴァンゲルの南西約320kmのノルウェー領北海に位置する、同国の代表的な油田。

北海ブレントについて

北海ブレント(ブレント原油)は、北海油田(各鉱区)で採掘される原油において、基準原油の地位を占めており、この価格の動きが北海原油の指標となっています。また、世界の原油取引においては、北米のWTI(ウエスト・ テキサス・インターミディエート)と並んで、世界的に多く取引される指標となっています(アジアの指標はドバイ原油)。

一般に北海ブレントの指標といった場合、ICE Futures Europe(旧・ロンドン国際石油取引所)の「北海ブレント原油先物(ICEブレント原油先物)」のことを指します。