新設合併

読み方: しんせつがっぺい
分類: 会社・経営|M&A

新設合併は、会社における合併方式の一つで、合併の当事者となる会社の全部が解散して、新たな会社を設立することをいいます。これは、全ての合併当事会社が消滅会社として清算手続きを経ないで解散し、一方で新会社を設立し、合併当事会社の権利義務等の法律関係を包括的に新設会社に承継させる仕組みとなっています。また、本方式に対して、合併する会社の中の一つだけが存続し、他の会社は消滅する合併方式を「吸収合併」と言います。

一般に新設合併では、既得の許認可や免許等がいったん白紙に戻り、営業に必要なものを新たに取得する必要があり、また上場会社の場合には新たな上場手続きが必要になるなど、各種手続きが非常に煩雑になるため、日本においては、実務的に簡便な吸収合併が圧倒的に多く、新設合併が行われるケースは極めて稀となっています。