新設分割

読み方: しんせつぶんかつ
分類: 会社・経営|企業再編

新設分割は、会社分割の形態(手法)の一つで、新しく設立する会社に、全部または一部の事業を承継させることにより会社分割を行うことをいいます。これは、分割する会社が新たに会社を設立し、その会社に事業を承継させる場合を指し、例えば、複数の事業部門を持つ会社が分社化することにより、経営の効率化を図るような場合に利用されます(分離する会社の株式を親会社に割り当てる「物的分割」と、分社される会社の株式を株主に割り当てる「人的分割」がある)。また、新設分割に対して、既存する他の会社に、全部または一部の事業を承継させることにより会社分割を行うことを「吸収分割」と言います。

一般に会社分割とは、会社の事業に関して有する権利義務の全部または一部を、他の会社(承継会社)または新設の会社(新設会社)に包括的に承継させる制度をいい、具体的には、会社を複数の法人格に分割して、それぞれに組織や事業を引き継がせるもので、通常、引き継ぐ会社は分割を行う会社または株主に株式等を割り当てます。