持株比率

読み方: もちかぶひりつ
英語名: Ratio of shareholding
分類: 会社・経営|株主

持株比率は、ある企業の発行済株式数(発行済み株式総数)に対して、ある投資者(株主)が保有している株数の割合のことをいいます。また、発行済株式数の内、個人投資家(個人株主)が保有している株数の割合を「個人持株比率」と言い、また外国籍を持つ法人や個人などの外国人投資家が保有している株数の割合を「外国人持株比率」と言います。

一般に持株比率には、分母の捉え方により、「議決権のある株式」に対する持株比率と「発行済株式数」に対する持株比率とがあります。通常、連結の範囲の判定にあたっては、「議決権のある株式」に対する比率が使用され、議決権の行使を制限されている株式は分母から除きます。ただし、資本連結における親会社持分比率や少数株主持分比率の算定では、議決権が制限されていても子会社親会社の株式の1/4超を有する場合は、分母に入れるため注意が必要です。