主要株主

読み方: しゅようかぶぬし
英語: Principal shareholder
分類: 株主

主要株主は、一般的には、大口の株主のことをいいます。また、上場規程に基づく開示義務では、金融商品取引法の第163条1項に規定する株主をいい、具体的には、自己又は他人(仮設人を含む)の名義をもって発行済株式の総数の100分の10以上(10%以上)の株式を保有する株主を指します。

現在、上場企業等においては、主要株主に変更があった場合、速やかな適時開示(重要な会社情報の開示)が義務付けられています。

目次:コンテンツ構成

主要株主と大株主と筆頭株主の違い

主要株主と大株主と筆頭株主の違いを簡単にまとめると、以下のようになります。

|主要株主|
ある企業の議決権のある発行済株式の総数の10%以上に相当する数の株式を保有する株主のこと。

大株主
ある企業の株式を大量に保有している株主のこと。

筆頭株主
議決権のある株式で、持株比率が一番高い株主のこと。

主要株主の用例(文章中の使用例)

・主要株主の異動に関するお知らせ - ○○社
・主要株主が保有株の一部を売却したことが市場を動揺させた
・同社の発行済株式を他の複数の主要株主と共に買い取る形での上場廃止案を取締役会に提出した