筆頭株主

読み方: ひっとうかぶぬし
分類: 株主

筆頭株主は、ある企業の発行済み株式の総数に対して、議決権のある株式を最も多く保有している株主のことをいいます。これは、創業者やその一族(資産管理会社)、親会社、投資会社、メインバンク(主要取引先銀行)、機関投資家などが該当することが多いです。

一般に筆頭株主は、企業経営への意思決定に大きな影響力があるため、現在、上場企業等においては、その変更があった場合、速やかな適時開示(重要な会社情報の開示)が義務付けられています。

筆頭株主と大株主と主要株主の違い

|筆頭株主|
議決権のある株式で、持株比率が一番高い株主のこと。

大株主
ある企業の株式を大量に保有している株主のこと。

主要株主
ある企業の議決権のある発行済み株式の総数の10%以上に相当する数の株式を保有する株主のこと。

筆頭株主の用例

・投資ファンドから株式の譲渡を受け、○○の筆頭株主になった
・TOBの実施に伴い、創業者で筆頭株主の△△氏が同日付で社長を退任した
・前代未聞の不祥事が明るみに出る中、同社の筆頭株主として株主代表訴訟の手続きを準備していることを明らかにした