物言う株主

読み方: ものいうかぶぬし
英語名: Activist shareholder
分類: 会社・経営|株主

物言う株主は、「物言う投資家」や「アクティビスト」とも呼ばれ、株主としての権利を積極的に行使して、会社に影響力を及ぼし、会社を変えていこうとする投資家の総称をいいます。これは、株式を一定程度取得した上で、その保有株式を裏づけとして、投資先企業の経営陣に対して、積極的に提言等(経営陣との対話・交渉のほか、株主提案権の行使、会社提案議案の否決に向けた委任状勧誘など)を行い、企業価値を向上させるために経営改革を積極的に働きかけるといった役割を果たします。具体的には、業績が低迷し、株価が割安になった企業などに対して、コスト削減や経営陣の交代要求、事業の選択と集中などを要求し、経営陣に揺さぶりをかけます。

かつては、物言う株主は、投資先との対決姿勢から異端と見られることも多かったですが、今日では、高い運用利回りを求める年金基金をはじめとした機関投資家の支持を集めて、要求したとおりの改革が実現することも少なくありません。その背景としては、金融規制改革などにより、株主の力が増したことが大きいです。