金消契約

読み方: きんしょうけいやく
分類: 契約・事務

金消契約は、「金銭消費貸借契約」の略で、「ローン契約」とも呼ばれ、将来の弁済を約束した上で、金銭を消費するために借り入れる契約をいいます。

具体的には、借主が将来返済することを約束して、貸主から金銭を借り入れる契約で、個人の場合、金融機関から住宅ローンや教育ローン、自動車ローン、多目的ローン、カードローンなどを借りたり、また消費者金融会社からカードローンやフリーローンなどを借りたりする場合に締結します。

なお、本契約の元となるのが「金銭消費貸借契約証書」で、これは融資を実行するにあたって、債務者(借主)の借入金額資金使途返済期日利率遅延損害金などの融資条件を記載した契約書であり、後日トラブルが発生するのを防ぐために作成されます。