学校法人

読み方: がっこうほうじん
分類: 法人

学校法人は、私立学校の設置を目的として、私立学校法の定めるところにより設立された法人をいいます。

特殊な公益法人で、「自主性」と「公共性」という公私を兼ね備えた特徴を有し、その所轄庁は、大学と高等専門学校は文部大臣、それ以外(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、専修学校、各種学校)は都道府県知事、両者併置の場合は文部大臣となっています。

一般に学校法人の組織には、役員として理事5人以上と監事2人以上を置きますが、理事の中には校長1人以上を加えて教育現場の意思を反映させると共に、役員が同族によって独占されることを禁じ、さらに諮問機関として評議員会を設置しています。また、重要事項については、理事長に対し、評議員会の意見を聞くことを義務づけています。

現在、日本の学校教育の中で、私立学校は大きな役割を果たしており、その振興を図ることは学校教育の発展を図る上で重要であることから、国は法令(私立学校振興助成法)に基づき、私学助成を行っています。