リスクオフ

英語名: Risk off
分類: リスク管理

リスクオフは、より安全な(リスクの少ない)資産に資金が向かいやすい相場状況、またはそういった地合い(雰囲気)をいいます。これは、株式やコモディティ、ハイイールド債、高金利通貨などリスクの高い資産を避け、国債や短期金融商品など相対的に安全と思われる資産に資金を移すことを意味します。

一般にマーケットにおいて、景気の大幅減速や経済指標の悪化、政府債務の悪化、金融不安、金融危機、貿易摩擦、地政学リスクなどへの懸念が強まると、投資マインドは大きく冷え込み、投資家は積極的にリスクを求めにくくなり、より安全な対応として「リスクオフ(リスク回避)」を行うようになります。

この場合、投資家はリスクを極力避けるため、リターン(収益)の見込みは小さくなる一方で、損失が出た場合の損失額を小さく抑えることができます。また、マーケットでは、投資マネーの流れが大きく変わるため、株式やコモディティなどの相場が大きく下げることになります。

なお、リスクオフに対して、積極的にリスクを取ってリターンを求めることを「リスクオン」と言います。

<本用語の使用例>

・リスクオフの流れの中で円高が進行し、日経平均も先物主導で下落した
・前日の海外市場のリスクオフムードが残る中、円債市場も買い先行で始まった
・米国株が今年最大の下落となったことを受け、一部、投げ売りを含めたリスクオフが強まった