投機取引

読み方: とうきとりひき
英語: Speculation
分類: 投資手法

投機取引は、「スペキュレーション取引」とも呼ばれ、独自の相場観やテクニカル分析のシグナルなどに基づいた売買行為を通して、積極的なキャピタルゲインの取得を目的とした取引をいいます。

具体的には、外国為替や株式、債券、コモディティ、暗号資産などのマーケット(現物、デリバティブ)において、ロング(買い)やショート(売り)のポジジョンを作り、短期間の価格変動で生じる差益を狙った取引が該当します。

一般に投機取引は、相場の動向次第で、当たれば利益が大きい半面、外れれば損失も大きい、ハイリスク・ハイリターンの取引となっています。また、投機取引を行う投資家を「スペキュレーター(投機家)」と言います。