契約者配当金

読み方: けいやくしゃはいとうきん
分類: 保険|配当金

契約者配当金は、生命保険においては、生命保険会社が保険料を算出する際に設定した予定基礎率と実際の結果との差によって生じた剰余金の中から、保険契約者に分配されるお金のことをいいます。

一般に生命保険では、保険料は三つの予定基礎率予定死亡率予定利率予定事業費率)をもとに算出していますが、実際には予定した通りの結果になるとは限らず、予定と実際との差によって剰余金が生じた場合に、剰余金の還元として「契約者配当金」が分配されることになります。また、同じ保障内容であれば、通常、配当を見込まない商品の方が保険料が割安になります。

なお、契約者配当金は、損害保険においては、積立保険(貯蓄型保険)で積立保険料部分の運用利回りが予定利率を超えた場合に、満期返戻金とあわせて、損害保険会社から保険契約者に支払われるお金のことをいいます。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

自動車保険の一括見積もりサイトは数多くありますが、その中でどれがよいかよく分からないという方も多いのでは? そんな方には、東証一部上場のSBIホールディングスが運営するインズウェブが便利。日本最大の20社に見積りが可能!