死亡保険金

読み方: しぼうほけんきん
分類: 保険金

死亡保険金は、保険契約の被保険者が死亡した場合に、保険会社から支払われる保険金のことをいいます。これは、生命保険や医療保険、介護保険、傷害保険など様々な保険商品に備えられている保険金で、多くの人が一生に一度は関わる可能性が高いです。

一般に死亡保険金を受け取るには、受取事由(死亡)が発生した後に、保険契約者または保険金受取人が保険会社に連絡を入れると、しばらくして保険会社から必要書類の案内と請求書が送られてきます。そして、保険証券に記載されている保険金受取人が書類を用意して請求手続きを取ると、保険会社の方で支払可否判断が行われ、支払可と判断されると保険金が支払われることになります。

なお、基本的なことですが、保険に入っていることは知っていても、保険証券がどこに保管してあるか本人以外知らないこともよくあり、保険情報と共に保管場所についても、家族や関係者は常に知っておくようにしましょう。