ライフサイクル投信

読み方: らいふさいくるとうしん
分類: 投信タイプ

ライフサイクル投信は、国内外の株式や債券を組み合わせて運用する「バランス型投信」の一種で、投資家のライフサイクルに合わせて、資産配分を変えられる(リスクを加減できる)投資信託をいいます。これは、通常、購入者が若い内は運用期間を長く見込めるため、リスクは大きくとも長期的には高いリターンが期待できる株式の組入比率を高めた積極運用を行い、一方で年を重ねるごとに残りの運用期間が短くなるため、年齢が上がると共に確定利付商品の組入比率を増やした安定運用に切り換えていきます。

一般にライフサイクル投信の多くは、このような仕組みのため、株式ポートフォリオと債券ポートフォリオを組み合わせて再投資する「ファンド・オブ・ファンズ」の形態を取っています。また、その種類には、「ターゲットイヤー型」と「ターゲットリスク(スイッチング)型」の二つがあります。なお、ライフサイクル投信という名称から安全なイメージがありますが、相場の変動によって元本割れするリスクがあるという点は、他の投信と全く変わりありません。

ターゲットイヤー型

運用会社が、各ファンド毎に満期目標時期を定め、その満期時期に合わせてポートフォリオのリスクを徐々に低減していく(リスク資産から安全資産に配分を変えていく)タイプです。これを利用する場合、投資家は運用期間を決定するだけで、投信のスイッチングをする必要はありません。

ターゲットリスク(スイッチング)型

運用会社が、ライフサイクル投信の中にリスクの異なる投信を複数用意し、投資家は自分のリスク許容度に合わせて投信を選択し、必要に応じて投信のスイッチング(乗換え)を行うタイプです。これを利用する場合、投資家が自分のリスクに合わせて、投信のスイッチングをする必要があり、手間が結構かかります(長期間に渡って、自分で運用を判断)。