代行手数料

読み方: だいこうてすうりょう
分類: コスト

代行手数料は、投資信託においては、ファンドの信託報酬の支払対象者(委託会社、販売会社、受託会社)の内、販売会社に支払われる部分(信託報酬)をいいます。

具体的には、銀行や証券会社、保険会社などの販売会社の投信ビジネスの収益となるもので、顧客に販売したファンドが大きく値下がりしても影響を受けることはありません。

一般にファンドの販売会社では、日常的な口座管理、収益分配金や償還金の受け渡し、運用報告書等の法定開示資料の送付などの事務コストが発生しており、「代行手数料」は、これらに対応するものです。

なお、ファンドの信託報酬率、およびその内訳(手数料等)は予め決められており、目論見書などに記載されています。