目論見書

読み方: もくろみしょ
英語名: Prospectus
分類: 書類・情報

目論見書は、株式債券投資信託などの有価証券の募集あるいは売出しに際して、投資家に交付する有価証券の内容や、募集または売出しの条件を記載した書類のことをいいます。これには、発行者名や事業内容、資本構成、財務諸表、手取金の使途等の発行者に関する情報、発行総額、発行価格、利率、払込日、満期日等の発行する有価証券に関する情報、および引受人名、引受額、手数料等の引受に関する情報などが記載されています。

一般に目論見書は、投資家に対して、投資判断の基準となる重要な情報を提供することが目的であり、販売会社を通じて投資家に交付することが義務付けられています。また、投資判断の基礎資料となる目論見書の重要な事項について虚偽の表示がある、または重要な事実の表示が欠けている時は、発行者および当該目論見書を使用して有価証券を取得させた者は、当該有価証券の募集または売り出しに応じて当該有価証券を取得した者に対して、損害賠償責任を負います。(国債や政府保証債、地方債、金融債などに関しては、目論見書を作成する必要がない)

なお、投資信託については、「交付目論見書」と「請求目論見書」の2種類があります。この中で、交付目論見書は、投資家に必ず交付しなければならない「ファンドの説明書」であり、運用会社が作成し、販売会社が投資家に交付するものなのに対して、請求目論見書は、投資家から請求があった場合に交付するもので、運用会社が作成し、請求があった場合には、販売会社が投資家に直ちに交付します。

投資信託の交付目論見書

交付目論見書は、ファンドの目的、基本的性格、仕組み、投資方針、投資対象、運用体制、分配方針、投資制限といった基本的情報、投資リスク、申し込みに必要な情報、信託報酬・信託財産留保額等を含む費用や税金に関する情報、純資産の推移や分配・収益率の推移といった運用実績、組入銘柄を含む投資状況、信託約款の内容など、投資家がファンドを購入する際に最も重要となる情報が記載されています。

投資信託の請求目論見書

請求目論見書は、ファンドの詳細情報として、ファンドの沿革、ファンドの管理や運営についての概要、受益者の権利についての説明、貸借対照表や損益計算書等の財務諸表や純資産額計算書を含む、詳しいファンドの経理状況などが記載されています。