リスク・リターン分類(RR分類)

読み方: りすくりたーんぶんるい
分類: 評価尺度

リスク・リターン分類(RR分類)は、かつて使われていた投資信託協会による投資信託(ファンド)の分類をいいます。これは、その昔、国内で設定されたファンドに対して、リスクリターンの関係に基づいて、ファンドを「安定重視型」「利回り追求型」「値上がり益・利回り追求型」「値上がり益追求型」「積極値上がり益追求型」の5つに分けていた分類を指します。

2000年12月に受益証券説明書が廃止されて目論見書に統一されたことに伴い、受益証券説明書の裏面などに記載されていた「RR分類」も廃止され、今日では使われていません。