白地手形

読み方: しらじてがた
分類: 手形・小切手

白地手形は、必要的記載事項(要件)の全部または一部を空欄のまま振り出した手形をいいます。これは、そのままでは未完成の手形であり、後日、手形所持人に要件を補充させる予定のもと、白地のまま署名して流通に置かれたものであり、欠けた要件が補充されれば完全な手形となります。具体的には、商取引の成立時点において、いつ手形を支払うのか決まっていない場合や支払価格がいくらか未確定の場合のほか、他者に手形割引の斡旋を依頼する場合などに用いられています。