自己受手形

読み方: じこうけてがた
分類: 手形・小切手

自己受為替手形(自己受手形)は、「自己宛為替手形(自己宛手形)」とも呼ばれ、振出人と支払人が同一である為替手形をいいます。これは、約束手形と同様、お金の取立に利用することが可能であり、代金を回収する先(振出人=支払人)に対して、手形債権を持てると同時に、取立手数料(印紙代)を節約できます。なお、昨今においては、ごく一部の業種等に利用が限られており、ケースとしては非常に少ないです。