全国銀行協会(全銀協)

読み方: ぜんこくぎんこうきょうかい
英語名: Japanese Bankers Association(JBA)
分類: 組織・協会・団体

全国銀行協会は、「全銀協」とも呼ばれ、国内で活動する銀行銀行持株会社および各地の銀行協会を会員とする組織で、日本の銀行界を代表する団体(一般社団法人)をいいます。これは、銀行業の健全な発展を通じて、日本経済の成長に貢献することを目的に、全国的・国際的なレベルで様々な活動を行っており、国内で活動している民間銀行のほとんどが加盟しています。

現在、全銀協では、日本の経済活動に不可欠な決済インフラの運営をはじめ、顧客に安心して銀行を利用してもらえるように、銀行取引の適正性の確保や消費者保護のための活動を行い、また業界全体のコンプライアンス意識の徹底や環境問題への対応など銀行業界全体のCSR活動も推進しています。

決済システム等の企画・運営

全銀協は、銀行が参加する決済システム等の企画・運営を行っています。

全国銀行データ通信システム(全銀システム)
・外国為替円決済制度
手形交換制度
全国キャッシュサービス(MICS)
・マルチペイメントネットワーク(MPN)
全銀協TIBOR
SWIFT(スイフト)
全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)
・全銀協ICキャッシュカード標準仕様
・全銀協標準通信プロトコル

適正な消費者取引の推進

全銀協は、銀行と顧客が適正な取引関係を構築していくための各種対応を行っています。

・消費者保護に関する対応
・金融犯罪への対応
・多重債務問題への対応
・広告表示の適正化に関する対応
・個人情報保護の適正化に関する対応

社会貢献活動・コンプライアンスの推進

全銀協は、社会貢献活動やコンプライアンスの推進を行っています。

・CSR活動の推進
・コンプライアンスの推進
・人権擁護への取り組み
・調査研究活動

銀行業務の円滑化

全銀協は、日本の銀行業界において、銀行業務の円滑化を行っています。

・銀行業務・事務の円滑化
・全銀EDIシステムの稼動と活用
業務継続計画(BCP)と震災対応
・税制改正要望
・公的金融問題に関する提言
・海外の金融規制や会計基準に対する意見発信
・中小企業等に対する積極的な金融仲介機能の発揮に向けた行動指針