SWIFT

読み方: すいふと、すうぃふと
分類: 組織・協会・団体

SWIFT(スイフト)は、"Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication"の略で、日本語では「国際銀行間金融通信協会」とも訳され、世界各国の金融機関などに高度に安全化された金融通信メッセージ・サービスを提供する、金融業界の標準化団体をいいます。これは、1973年にベルギー王国のブリュッセルに設立された共同組合形式の団体で、そのグローバルな組織構成は、Americas(南北アメリカ地域)、Asia Pacific(アジア・パシフィック地域)、EMEA(欧州・中東・アフリカ地域)に区分されています。その中で、日本はアジア・パシフィック地域に属し、スイフト・ジャパンをオフィスとして、国内向けに各種サービスが提供されています。

現在、SWIFTは、資金付替や顧客送金、外国為替、証券取引、デリバティブなどの安全性の高いグローバルな金融メッセージ・サービスを提供しており、世界のライブ稼働国は200を超え、また金融機関などのライブユーザー数は11,000を超え、そのグローバルなネットワークは金融システム(インフラ)的な性格を帯びています。このような状況により、1998年からベルギー国立銀行が首席監督機関となり、G10諸国の中央銀行と協力してSWIFTを監視・評価しています。