バルジ・ブラケット

英語名: Bulge Bracket
分類: 業態俗称

バルジ・ブラケット(Bulge Bracket)は、欧米の投資銀行業界で使われる俗語(スラング)で、世界的に規模が大きく、かつ収益性が高い、多国籍の投資銀行をいいます。

突出したグループという意味で、「墓石広告(Tombstone)」と呼ばれる、金融取引の公告の最上部に記載されていることに由来し、通常、リーグテーブル(業績を基にした投資銀行ランキング)の上位を占める欧米の大手金融機関を指します。

一般に「バルジ・ブラケット」と呼ばれる金融機関は、資金調達やアドバリザリー、マーケットメーキング、トレーディング、証券化ビジネスなどの投資銀行業務の他に、多くは商業銀行業務も行っています。

現在、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、バンク・オブ・アメリカ(BofA Securities)、シティ・グループ、JPモルガン・チェース、バークレイズ、ドイツ銀行、UBS、クレディ・スイスの9行が該当します。

ちなみに、バルジ・ブラケットを題材とした書籍に、黒木亮氏の2005年の著作「巨大投資銀行(バルジ・ブラケット)」があります。