ブレトンウッズ体制

読み方: ぶれとんうっずたいせい
英語名: Bretton Woods system
分類: 通貨

ブレトンウッズ体制は、「IMF体制」や「金・ドル本位制」とも呼ばれ、ブレトンウッズ協定やGATTによる通貨・金融・貿易の国際経済体制をいいます。これは、1944年のブレトンウッズ会議から1971年のニクソンショックまでの間、世界経済を支えてきた仕組みで、金との交換が保証された米ドルを基軸として、各国の通貨価値を決める固定相場制が特徴となっていました(各国通貨をドルと固定相場で結びつける、金を1オンス=35ドルで交換できる)。また、本体制を支えるために、国際復興開発銀行(世界銀行)と国際通貨基金(IMF)が設立されました。

1971年にニクソンショックで金ドル交換が停止され、ブレトンウッズ体制は終わりを迎えましたが、その後も米ドルは基軸通貨としての地位を維持し、世界経済での米国の優位性を保ちました。