CFR

読み方: しーえふあーる
英語名: Cost and Freight
分類: 貿易

CFRは、"Cost and Freight"の略で、旧名では「C&F」と呼ばれ、貿易において、運賃込みのことをいいます。これは、インコタームズ2010が規定する「海上および内陸水路輸送のための規則(Rules for Sea and Inland Waterway Transport)」の一つで、輸出契約を結んだ輸出業者(売主)が貨物を荷揚げ地の港(輸入港)で荷揚げするまでの費用を負担し、一方で荷揚げした以降の費用は輸入業者(買主)が負担するというものです。また、危険の負担は、本船の船上に貨物が置かれた時点で移転するため、保険料は買主が負担することになります。

一般にCFRは、CIF(運賃保険料込み)やFOB(本船渡し)と共によく用いられる取引規則の一つで、例えば、コンテナによる船積み貨物の引き渡しなどでよく用いられています。なお、インコタームズ2010の「海上および内陸水路輸送のための規則」には、CFR(運賃込み)の他に、CIF(運賃保険料込み)、FAS(船側渡し)、FOB(本船渡し)があります。

インコタームズ(Incoterms):国際商業会議所(International Chamber of Commerce:ICC)が制定した貿易取引条件の解釈に関する国際規則。