FAS(船側渡し)

読み方: えふえーえす
英語: Free Alongside Ship
分類: 貿易

FASは、"Free Alongside Ship"の略で、貿易において、船側渡しのことをいいます。

インコタームズ2020が規定する「海上および内陸水路運送のための規則(Rules for Sea and Inland Waterway Transport)」の一つで、指定船積港(指定輸出港)において、本船の船側に貨物(商品)を置いた時点で売主(輸出者)の引き渡し義務が完了し、一方で買主(輸入者)は、その時点から一切の費用及び減失・損傷の危険を負担するというものです。

インコタームズ(Incoterms):国際商業会議所(International Chamber of Commerce:ICC)が制定した貿易取引条件の解釈に関する国際規則。

FASの位置づけ

一般にFASは、木材など特定の商品において採用され、在来船を使ったばら積み船などに用いられることが多く、また輸出者は、輸出通関を済ませて、本船の船側に貨物を置けば輸出が完了します(輸出者は商品を本船へ積み込む必要はない)。

なお、インコタームズ2020の「海上および内陸水路運送のための規則」には、FAS(船側渡し)の他に、FOB(本船渡し)、CFR(運賃込み)、CIF(運賃保険料込み)があります。