インコタームズ

英語名: Incoterms
分類: 貿易

インコタームズ(Incoterms)は、国際商業会議所(International Chamber of Commerce:ICC)が制定した貿易取引条件の解釈に関する国際規則をいいます。これは、貿易において、商慣習が国によって異なることによるトラブル(紛争・訴訟等)を防止するために、売買契約における物品引渡しの場所、危険負担の分岐点(リスクの移転)、費用(運賃・保険料・関税等)の分担などについて、当事者(売り手と買い手)各々の義務を定めたもので、貿易の定型取引条件の解釈に関する国際規則となっています。

1936年にインコタームズが初めて制定されて以来、時代の変化の中で、国際貿易取引の実態に合わせるため、1953年、1967年、1976年、1980年、1990年、2000年、2010年に改訂が行われ、最新版のインコタームズ2010は2011年1月1日に発効しました。また、次回の改訂は2020年に予定されており、現在、国際商業会議所において、インコタームズ2020の改訂作業が行われています。なお、インコタームズは、法律でも条約でもないため、契約当事者が本規則を採用すると合意した場合は、契約書にその旨を明示しなければなりません。

インコタームズ2010(全11種)

インコタームズ2010は、全部で11種の規則から構成されており、それらは2つのグループに分類されています。また、主なポイントとして、従来使用されていた「Terms(条件)」を「Rules(規則)」という用語に置き換え、また国内取引にも適用できることが明記されました。

●Rules for Any Mode or Modes of Transport(あらゆる輸送形態に適した規則)

EXW(Ex Works:工場渡し)
FCA(Free Carrier:運送人渡し)
CPT(Carriage Paid to:輸送費込み)
CIP(Carriage and Insurance Paid to:輸送費保険料込み)
DAT(Delivered at Terminal:ターミナル持込渡し)
DAP(Delivered at Place:仕向地持込渡し)
DDP(Delivered Duty Paid:関税込持込渡し)

●Rules for Sea and Inland Waterway Transport(海上および内陸水路輸送のための規則)

FAS(Free Alongside Ship:船側渡し)
FOB(Free on Board:本船渡し)
CFR(Cost and Freight:運賃込み)
CIF(Cost, Insurance and Freight:運賃保険料込み)

インコタームズ2000(全13種)

インコタームズ2000は、全部で13種の貿易条件が定義されており、E、F、C、Dの4つのグループに分類されていました。また、この改訂までは、国際貿易取引に適用する条件(Terms)としていました。

●Gruop E(出荷)

・EXW(Ex Works:工場渡し)

●Gruop F(主要輸送費抜き)

・FCA(Free Carrier:運送人渡し)
・FAS(Free Alongside Ship:船側渡し)
・FOB(Free on Board:本船渡し)

●Gruop C(主要輸送費込み)

・CFR(Cost and Freight:運賃込み)
・CIF(Cost, Insurance and Freight:運賃保険料込み)
・CPT(Carriage Paid to:輸送費込み)
・CIP(Carriage and Insurance Paid to:輸送費保険料込み)

●Gruop D(到着)

DAF(Delivered At Frontier:国境持込渡し)
・DES(Delivered Ex Ship:本船持込渡し)
DEQ(Delivered Ex Quay:埠頭持込渡し)
DDU (Delivered Duty Unpaid:関税抜き持込渡し)
・DDP(Delivered Duty Paid:関税込持込渡し)