FCA

読み方: えふしーえー
英語名: Financial Conduct Authority
分類: 世界経済|英国

FCAは、"Financial Conduct Authority"の略で、日本語では「金融行為監督機構(金融行為規制機構)」と呼ばれ、英国の全ての金融機関に対して、金融行為規制と健全性規制を行う金融監督機関をいいます。これは、2012年に金融危機を防げなかったことを背景に金融サービス法が成立し、2013年4月にFSA(Financial Services Authority:金融サービス機構)の後継機関の一つとして、PRA(Prudential Regulatory Authority:健全性規制機構)と共に発足したもので、イングランド銀行から独立した機関となっています。

現在、英国では、FPC(Financial Policy Committee:金融安定政策委員会)が金融安定化の観点からマクロレベルの監督を行い、 またPRAとFCAが健全性と金融行為の観点からミクロレベルの監督を行う体制になっています。なお、FCAの金融行為規制における監督は、預金受入機関、保険会社、投資会社の他、独立系金融アドバイザー、アセットマネジメント会社など英国における全ての金融機関が対象であり、またFCAの規制は、市場の良好な機能の維持を目的とし、それにより金融サービス取引の公正性を確保できるとしています。

※イングランド銀行内には、PRAとFPCが設置されている。
※PRAは、規制上重要な機関を監督対象としている。